*

意味が分かると面白い話19 低燃費,ボブとジョージ2,師匠と弟子6

公開日: : 最終更新日:2014/03/31 意味が分かると面白い話

brussels-griffon-215897_150

低燃費

ある画期的な自動車が開発された。なんと燃費が10分の1となった。
開発者が言うには、少しでも温暖効果ガスの排出を減らしたいので開発に着手したという。
その結果、自動車の実働台数が従来の10倍を超えた。

 

 

スポンサードリンク

 


ボブとジョージ2

ボブ「知ってるか?ジョージ。ジャコウネコの糞から取り出したコーヒー豆が高価で取引されているらしいぜ」
ジョージ「よし、愛猫のミーにコーヒー豆を食わせてみるか」
ボブ「猫ってカフェインはダメじゃなかったか?」

 

 


師匠と弟子6

自称スゴい発明家が弟子に自分の発明を自慢している。
師匠「視神経の伝達速度を飛躍的に上げる装置を開発したゾイ」
弟子「それは凄いですね」
師匠「これなら弾丸も楽々かわせるゾイ」

弟子「視神経だけですよね?」
師匠「そうだゾイ」
弟子「じゃあ、かわせないですね」

 

 

スポンサードリンク

 

関連記事

lemon

意味が分かると面白い話39 傾向と,合理的,善人化装置

傾向と ある異世界のお話 高官「南極の氷が全部解けた場合の海水面の詳細な上昇量の

記事を読む

smile0721

意味が分かると面白い話41 健康のためだから,嫌なら,反省

健康のためだから ある国のお話。 ジュースは糖分を取りすぎると健康に悪いので禁止する

記事を読む

neko

意味が分かると面白い話36 師匠と弟子10,媚,多様性

師匠と弟子10 自称スゴい発明家が弟子に自分の発明を自慢している。 師匠「機械を

記事を読む

smiley-432563

意味が分かると面白い話43 平等,ペット保護,道徳

平等 ある国で、どんな病気でも治る万能薬が開発された。 その国は徹底した平等主義で知

記事を読む

a1380_001503

意味が分かると面白い話6 善悪判定機,昇天,面接

善悪判定機 ある国が国策として、善悪を判定する機械の開発をすることになった。 紆余曲

記事を読む

Message

    • 461367総閲覧数:
    • 101今日の閲覧数:
    • 115昨日の閲覧数: