*

意味が分かると面白い話12 師匠と弟子2,記憶,ひとりぼっち

公開日: : 最終更新日:2014/03/31 意味が分かると面白い話

a1180_009578

師匠と弟子2

自称スゴい発明家が弟子に自分の発明を自慢している。

師匠「スゴい発明をしたゾイ」
弟子「そんなにスゴいのですか?」

師匠「なんと!懐中電灯にソーラーパネルをつけたのじゃ」
弟子「当然、蓄電池がついてますよね?」

師匠「そんなもの、つけてないゾイ」

 

 

スポンサードリンク

 


記憶

ある婦人が事故にあい、病院に運び込まれた。
強く頭を打っており生死の境をさまよったが、一命はとりとめた。
しばらくして後遺症の診断が行われた。

簡単な問診では、記憶に問題はないと判断された。
記憶についての問診も行われた。

医者「亡くなった、ご主人のお名前は?」
婦人「わからない・・・」

何日経っても、答えは同じだった。
ある日、婦人の友人が見舞いに来た。
しばらく談笑した後に、医者が診察に来た。

医者「亡くなった、ご主人のお名前は思い出しましたか?」
婦人「わからない」

医者「まだ思い出せませんか・・・」
医者が落胆しているのを見て、二人はなぜか笑っていた。

 

 


ひとりぼっち

ある星の住人たちは、宇宙で知的生命体は我々しか存在しないのではないか?
ひとりぼっちは嫌だ、と考えた。

そこで、宇宙のいたる方向に通信を送り続けた。
ある日、他の知的生命体から通信が返ってきた。

文明の程度が同じぐらいということもあり、2星間の交流が始まった。
最初の内は仲が良かった2星間の関係だが、徐々に関係が悪化、全面戦争となってしまった。

最終的に、2星とも、宇宙船も通信機器もすべて破壊され、修理できる人もいなくなってしまった。

 

 

スポンサードリンク

 

関連記事

emi

意味が分かると面白い話42 確認の確認,警告,誠実

確認の確認 A「Cから変なFAXが来た」 B「どんな?」 A「内容は業務連絡だ

記事を読む

datyou

意味が分かると面白い話22 師匠と弟子8,説明書,市民の憂鬱

師匠と弟子8 自称スゴい発明家が弟子に自分の発明を自慢している。 師匠「その

記事を読む

warahana

意味が分かると面白い話26 信頼,英雄の憂鬱,エージェント

信頼 A「本当に信頼できる人物を見つけるのって難しいよね」 B「そうだね」 A

記事を読む

smile-20230_150

意味が分かると面白い話16 G,家政婦は見ていた,タイムパラドックス

G Gの対策についてAとBが話していた。 A「Gの対策には、殺虫スプレーとス

記事を読む

a0960_004672

意味が分かると面白い話13 謎の補償,切実,師匠と弟子

謎の補償 弊社のパラシュートおよび予備パラシュートが、万一、両方とも開かなかった場合は

記事を読む

Message

    • 482063総閲覧数:
    • 4今日の閲覧数:
    • 12昨日の閲覧数: